アクセスカウンタ

<<  2006年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


タマネギとケンタッキーのコールスロー

2006/07/30 17:39
ケンタッキーのコールスロー好きなんですよねー

他のファーストフードのコールスローや
スーパーのお惣菜のコールスローと何かが違うんですよね

さてさて
うちには今タマネギがいっぱいあります

画像


うちの実家に近い淡路島産のタマネギで、殆ど農薬を使わずに作られており
本当に甘くておいしいのです

普段はめちゃくちゃ薄く切って冷や奴に乗せて和風ドレッシングをかけて食べています。
おすすめのドレッシングはピエトロのか、フンドーキンのドレッシング
フンドーキンは関東じゃあまり聞かないですね
関西でもあまり聞いたことが無かった
九州大分の会社ですが、たまに関東のスーパーでも置いてあったりします
http://www.fundokin.co.jp/

ここのドレッシング良いですよー
でも添加物が入ってないのが殆どで、日持ちしませんが・・・


で、今日は余りあるタマネギを作って何か作ろうかと・・・
そうだ、何となくホットドッグが食べたい

と言うことで、ソーセージとキャベツとニンジンとロールパンを買ってきて
ホットドッグ作ることにしました

昔、海や六甲山で食べたホットドッグを思い出します
まあ、実家のホットドッグもこのタイプ

キャベツを千切り
ニンジンも千切り
タマネギも適当に・・

これを炒めます
ここでカレー粉とともに炒めるのが一般的だとか・・・

そしてソーセージも軽く炒める

ロールパンの切り目にバターを塗り
炒めた野菜を敷き、ソーセージを乗せて
軽く焦げ目が付く程度にオーブンかオーブントースターで焼き

ケチャップまたはサルサソースに粒入りマスタードを塗って出来上がり

美味いです!ヽ(´ー`)ノ


さて余ったキャベツとニンジンをどうしようかと・・・

ここで冒頭のコールスローが出てきます

ケンタッキーのコールスローに挑戦!

ネットで調べると見つかりました。

http://cookpad.com/sachigohan/recipe/67003/

材料:4人分

キャベツ 1/4〜1/2個
にんじん 1本
玉ねぎ 1/8個
牛乳 50cc
酢 大さじ1
レモン汁 小さじ4
マヨネーズ 大さじ4
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1/4
こしょう 少々

----------------------------------

作り方:

1 ボウルに牛乳を入れ、酢とレモン汁を加えてよく混ぜ、10分ほど置いておく。

2 キャベツは千切りにして、更に細かく切って1cmほどの長さにする。にんじんも細かく切って、キャベツの大きさに揃える。玉ねぎはみじん切りにする。

3 1にマヨネーズ、砂糖、塩、こしょうを加えてよく混ぜ、ドレッシングを作る。

4 野菜をドレッシングの中に入れ、よく混ぜる。

5 冷蔵庫で1時間以上(できれば2時間以上)、きんきんに冷やして完成。


これ
美味いです!

でも砂糖はもっと少ないほうがよいかも

お試しあれ



画像



画像


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 145 / コメント 500


昭和天皇がA級戦犯合祀に不快感「富田メモ」〜日経新聞のスクープは捏造?

2006/07/22 11:49
日本経済新聞はよっぽど強制捜査の話題を大きくしたくなかったんだろうね

7月20日、日経とっては大問題である例のインサイダー事件の強制捜査日、
そしてその日にタイミング良くスクープされた記事( ´∀`)


そのスクープとなった富田 宮内庁長官のメモ


画像













日経の記事に書かれた全文


 
私は 或る時に、A級が合祀されその上 松岡、白取(本当は白鳥)までもが、
 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが
 松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と
 松平は 平和に強い考があったと思うのに 親の心子知らずと思っている
 だから 私あれ以来参拝していない それが私の心だ




さて、こちらの画像を見てください




画像














画像













さて、この画像を良く見て見ましょう
日経の記事になった発言の前にも文章があります

その全文

 前にもあったが どうしたのだろう
 中曽根の靖国参拝もあったが
 藤尾(文相)の発言。
 =奥野は藤尾と違うと思うがバランス感覚の事と思う、単純な復古ではないとも。
 私は或る時に、A級が合祀され、その上、松岡、白取までもが、
 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが松平の子の今の宮司がどう考えたのか
 易々と松平は平和に強い考えがあったと思うのに、親の心子知らずと思っている
 だから 私あれ以来参拝していない。それが私の心だ。


はい、そうです、
中曽根総理大臣の靖国参拝を中止したことが話題になっていた当時の、藤尾元文相の発言であると思えますね

昭和天皇のお言葉ではありません

藤尾正行といえば1986年中曽根内閣で文部大臣に登用された後、
「戦争で人を殺しても殺人には当てはまらない」「韓国併合は合意の上に形成されたもので、日本だけでなく韓国にも責任がある」などの発言して問題にされ中曽根に罷免された人です。
当時、タカ派と呼ばれ、「放言大臣」とか揶揄されていました。

さてこのメモの中で
「奥野」という名前も出てきますね

奥野という人はどういう人なのでしょう?
奥野誠亮はこの当時国土庁長官
藤尾氏と同じようにタカ派と呼ばれ「従軍慰安婦は商行為」とか日中戦争について「あの当時日本に侵略の意図は無かった」とか発言し同じく国土庁長官を辞任させられています。

その奥野氏は「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の初代会長でもあるわけです。
つまり靖国神社参拝推進派

藤尾氏と奥野氏、同じタイプのタカ派と呼ばれていましたが
実は靖国参拝を推進する奥野氏と違い、藤尾氏は靖国参拝をしていないのです。
また「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」にも参加していません。

つまり、藤尾氏のこの発言は
同じタイプと言われるが行動が異なる奥野氏のことに触れるとともに、
自分(藤尾氏)が何故、靖国参拝をしないのか、その理由を発言したものだと思われます。


さらに
昭和天皇が参拝を止めたのは1975年です

しかしA級戦犯の合祀は1970年に決定されています
当時、合祀は宮司預かりとなっており、実際にはA級戦犯合祀されたのは宮司が変わった1978年

1975年当時に1978年に合祀されることもわかり得ないのに、それを理由として参拝を中止したと言うのは辻褄が合いませんね。

つまり、この発言は昭和天皇の参拝取りやめに関する発言では無いのは明白で、
藤尾元文相が参拝を中止した理由を述べた発言です。

マスゴミの捏造報道もいい加減にして欲しいものですね

追記:
このメモの発言主が藤尾氏であるかのように申し上げましたが、
「=」以降
富田氏自身の発言(メモ)である可能性も否めないと思います
もしくは、徳川侍従長。

少なくとも昭和天皇ではないことが明白ですね。
日経新聞はどういう意図で昭和天皇の発言だと断定したのでしょうか?


追々記
このメモの日付け昭和63年4月28日
4月12日に勇退された徳川侍従長による記者会見があったことが分かりました
そして侍従長の発言と内容がそっくりであったことは既に分かっている事実。
そしてこのメモの裏側には「PRESS(プレス)の会見」とあり、
昭和天皇は会見などしておりませんから、徳川侍従長の会見での言葉だったことはほぼ確実でしょう。


画像



画像

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 32 / コメント 500


居場所が無くなる韓国、盧武鉉政権

2006/07/17 12:38
盧大統領「日本とは対決しなければならない」
「米国は友邦なので厳しく責めることは出来ないが…」



 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が今月11日に行われた与党ヨルリン・ウリ党の指導部および国会の統一外交通商委員会に所属する議員らとの晩さん懇談会で行った発言が波紋を呼んでいる。

 一部新聞は懇談会出席者の証言を引用し、盧大統領は「ブッシュ米大統領が北朝鮮問題を善と悪の対立概念で見ているため、説得が難しくなっている。米国は友邦なので厳しく責めることは出来ないが、日本とは対決しなければならない」と語ったという。

辛貞録(シン・ジョンロク)記者

朝鮮日報

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/17/20060717000017.html


盧武鉉大統領の発言や行動は呆れを飛び越して、もはや笑いの対象ですね。
北朝鮮の制裁決議の話し合いには加われず、北朝鮮にも平手打ちされて、
その居場所を無くしてしまっている韓国。

韓国新聞の社説にもそのことが
<【社説】対北決議案では仲間外れ、北からは平手打ち >
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/15/20060715000029.html

・・・日本の政治家は「先制攻撃」などとは言っていませんがね。
「基地攻撃能力論」を拡大解釈して、盧武鉉と韓国マスコミが勝手に「先制攻撃論」に摩り替えてしまっている。本当に悪質ですね。(いつものことですがw)

<【社説】北朝鮮も韓国も今や夢から覚めるべき時だ >
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/17/20060717000002.html

>日本は北朝鮮のミサイル発射を待っていたかのようにこれを軍事大国へと進む踏み台として活用しようとしている。

・・・日本が軍事大国化ですか
 既にアメリカに次ぐ世界第2位の軍事予算を組み、ますます軍事力を増強させている中国には何も言わず、自らも軍事予算を増やす決議をして今後15年で2倍増、また2050年までに日本を超える軍事力増強を目指す韓国(盧武鉉政権)に言われたくないですな。
 
ただ、一般韓国人も盲目的な反日親北路線に飽きれているようで、現在の支持率は7%とか。
しかし盧武鉉率いる与党(ウリ党)に対峙している最多議席のハンナラ党(党首は朴大統領の娘)が政権握ったら「ソウルは火の海になる」と北朝鮮の金正日に脅される始末w

もはや完全に居場所を失い、矛先は日本に向けるしかない状況。(昔からだけどw)

最近ようやく日本の政治家も気づき、盧武鉉の発言や行動に距離を持って対処できるようになったようです。

今までの日本の政治家による対韓国・北朝鮮外交は、媚びたり、理由も無く謝ったり、支援したりと、狂っていましたからねぇ。
まあ、そのことで調子に乗った金大中−盧武鉉政権により、やっと一部の日本の政治家や国民が気付き、正しい対応ができるようになってきたということでしょうか。

それにしても一番何も考えていないのは一般日本国民ではないでしょうか?

もっと、現実的な中国の軍事大国化、韓国の軍事力増強化、北朝鮮の・・・(言わずもがな)に関心を持って、日本の置かれている立場と日本がどうすべきかを考えて欲しい。

憲法9条に反対の人達は、日本が憲法9条を改正せずに良い状況はどういう状況であるか考えて欲しい。
私は憲法9条という平和憲法は素晴らしいと思いますよ。
しかし、それを維持してかつ日本の平和を守るためには、脅威の増す中日本国内に向かって守り続けようと言っても無駄です。

脅威となっている中国や朝鮮半島に向かって、訴えるべきでしょう。

朝鮮半島の軍事化が無くなり、中国共産党による軍事力増大による世界覇権主義をまず止めさせることが先決だと思いますが...



画像



画像

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 250 / コメント 500


<<  2006年7月のブログ記事  >> 

トップへ

酒好きノルウェージャンの独り言〜タイ海外移住・起業 2006年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる